タイにおける住居、日本人としての食生活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイでは基本住んでいる場所はプールと、ジムがついています。日本人が住む中心地でも単身のマンションであれば30平米程度のものが5万円程度で借りることができます。そのような場所でもプールとジムがついていること、食事、仕事の場所も10分圏内で移動ができるためコンパクトですが非常に便利で無駄なストレスなどがないのが特徴です。

また、日本人が住んでいる地域では近年日本食のレストランの出店が加速しており、3,000店舗ともいわれています。レストランも居酒屋、日本食、というような通常海外で経営されるなんでもあるけど、全部そこそこという形ではなく、専門店化しており。焼き鳥屋、とんかつや、蕎麦屋、すし屋、ラーメン屋、日本風街の中華料理屋、など多種多様で飽きません。

刺身は?と思う方がいると思いますが、日本人以外にもタイの方も食べてくれるため、毎日築地から空輸している店もあるぐらいです。金額はピンキリですが、刺し盛り300バーツほどでも食べることができます。

有名チェーン店も出てきており、温野菜、牛角、世界の山ちゃん、リンガーハット、丸亀製麺など、いろいろあります。ですので、タイでの日本食の外食に関しては苦労することがありません。

スーパーもフジスーパーというみんなが必ず使用するスーパーがあり、お惣菜はもちろん、刺身、納豆、その他日本の調味料などなんでも買えます。売価は日本の1.5倍から2倍するものが多いですが、自炊の場合も心強いです。

以上より食事という意味で住むハードルは低いです、結局長くいる日本人は日本食を食べますので、非常に重要なポイントです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。