タイにおける会社設立と外資規制

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイの会社法には株式会社の設立に際して以下の定めが設けられています。

最低株主3名必要です、個人/法人、タイ人/外国人、内資企業/外資企業が該当します。最低資本金に関して決まりはありません、ただし外国人が現地で働くためには、働く外国人1名あたり200万バーツの資本金を積み立てることが必要です。

なお、法人設立には外国人事業法という制限があり、100%日本人で設立して、事業を行なっていくことは基本できません。現地のパートナー、協力者を探す必要がある点注意が必要です。

外資規制は基本的には一部の製造業以外の全てに関連すると考えてもらっていいと思います

下記は外資規制されている業種です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。