タイを知るには階級社会を理解する必要あり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイは階級社会だから、格差普通。タイ住んでると日本で格差の議論があるのが逆に違和感

これタイにいると当たり前なんだけど知ってます?この国今のところ、相続税も、贈与税もないんです。日本と違って。なのでお金持ちの人は、子供にそのまま資産を渡す。(日本は累進課税、最大55%、半分・・) なので、富が再分配されることはないんですよ。

よく、タイにいると、日本の方が裕福な人が多いから、タイの人はかわいそうだよねー、どんなもの食べてんだろ?みたいなピントを外れた憐みの発言を聞いたりしますが、もっている人に集中しているので、持っている人は日本の人の何百倍も持っています。何千万もする車を乗り回し、1つ10,000円の寿司をガンガン食べるレベルの高すぎる人がたくさんいます。

経済の規模が違うのと、プレーヤーの数も違うので正確な比較はとれませんが、資産の配分がお金持ち・お金持ちじゃない人で二分すると仮定すると、日本だと、お金持ちが、全体の富の20%をとっていると仮定すると、タイは80%はとってますね。んで残りを他の人が配分するんです。だから、経済の規模が違っても、配分がとてつもなく多い。

お金持ちのタイ人の方はもれなく留学していて英語を流暢に操ります。イギリスが多いかな。英語をfluentで話すというのが一つの目安になるかなと思っています。

日本の人がお付き合いしているまたは採用するタイの人、特に事務職の人ってチュラロンコン大学、タマサート大学とかよく言ってみんな気軽に言うけど、日本で言う東大、京大だからね。国際競争力ランキング東大、京大とかより高いし。。でもちゃんととらえていないと気づかなかったり。日本での自分の大学より上ですよ、みたいな。

日本すごい、金持ちは幻想です。結構お金持ちのご子息は趣味と暇だから大企業に入ってきたりします。 一方で 田舎の両親に子供預けてでも、都会で稼ぐために出てきたりもする。出稼ぎですね、そんな人がバンコクにもいます。そのようなダブルスタンダードが良くも悪くも成立している国。

街でわかる格差の象徴、デパートのスーパーカー駐車場

タイにおいては格差は当然のようにあり、皆が文化として受け入れています。日本でいうと明治時代に合った貴族と普通の家との違いのようなものが現在も壊されず残っています。

デパートにはスーパーカー駐車場という場所があり、デパートの入り口のすぐ正面に車を止めることができます。主にフェラーリ、ポルシェ、ベンツの高級ラインなど特定の車種以外は止めることができません、当該車の保有者はたとえ通常の駐車場が混んでいたとしても、そちらに渋滞なくすっと入ることができます。一般的になVIPサービスです。

これはほんの一例ですが、このようなわかりやすいVIP制度がタイには普及しています。これについて人々が当たり前だと思っている点、文化の違いがあります。このような前提をまず知る、その理由をタイ人の方と対話しながら理解してタイと接していくことでよりタイのことがよくわかっていくと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。