タイで従業員が定着する会社をつくる3つのルール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイの従業員がどうしたら定着してくれるか?

悩みますよねー、 答え、ありませんよねー

ただ、多くの友人、お客様を見る中で、

いい雰囲気の会社には共通点があると気づきました。

その気付きをシェアします

①社長が従業員とのコミュニケーションでタイ語を使用している

難しくなくてもいいです。すべてでなくてもいいです。

英語の方が効率的! 日本語の通訳がいるから不要!

そうじゃないんです。働いてくれている従業員の母国語を

学んで、伝えて、コミュニケーションをとる。その重要性があるということです。

②タイにいる理由、好きな点を日本人が明確に答えられる、シェアしている

タイ人質問「なぜタイにいるんですか?」

日本人答え「会社に言われたからです、本当は来たくありませんでした」

タイの部分を日本に変えてみてください。

こんなこと言われたら興ざめですよね。 帰るのが待ち遠しいんだろうなと思いますよね。

自分で始めた人は特に必ず理由があるはずです。逆に会社に言われてくることになってしまった人も好きな点は見つけられるはずです。

○○が好きになったから。

タイのこんなことが好き!

タイ人のこんなことが好き!

なんでもいいんです。

それを聞くだけで従業員の人は腹落ちをします。なんでタイにいるんだろう?ということに納得してくれるんです

ちなみに、私の理由は、

ASEANすべての国を周った結果。好きな国はタイだけ。

理由は、ご飯がおいしいから。

皆が優しいから、文化、宗教が近いと感じ過ごしやすいから。

といつも話しています。

③怒らない、サバーイサバーイで過ごす

人前で怒らない、うん本で学んだよ。 そうではないです。

そもそも、怒らないようにするということです。

怒るという行為は、日本では従業員のためを思ってとか、

あなたの成長のためだよ、などといいますが、

それは”THE 日本“の考え方です。

何も指摘しない、とかではなく、

タイでは怒る人は”徳がない人“とみなされてしまうそうです。

楽しく過ごそうと努めると、従業員は楽しんでくれます。

つらくないと仕事じゃないというふうに考えるのは、いいのですが、

つらいと考えて頑張るのは、経営者だけで十分で、

それを従業員に明らかに強いすぎることはマイナスに働きます。

サバーイサバーイ(タイ語の楽しい)

という気持ちを尊重し、リスペクトして、感謝して過ごす。

そこに怒りの感情を持ち込まない。

難しい部分もありますが非常に重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。