なぜタイ?タイ進出をすすめる5つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メリット・デメリットを私見を踏まえて箇条書きにします。

メリット

・ASEANの中心であり、周辺国にアクセスしやすい、いっても経済はいまだ成長している

・日本との関係が良好、親日国である

・食事、実はこれが一番、超大事!日本食のスーパーが充実。食材少し割高だけど(3割くらい?)基本なんでも買える。刺身・納豆食べれます。外食の日本食もジャンル、味含め私見ですが世界トップレベルのクオリティ(結局長期いると日本人は日本食しか食べないです。。)

・ 観光大国であるため、治安が比較的安全 、世界最大規模の日本人学校もあり、子供・家族を帯同しやすい

・日本からの観光客も増えており、人気が高まっている、進出はビジネス視点ですが、単純に出張に来ることが人によるが基本楽しい(苦ではない)

以上から単なるビジネス的なもののみでなく、長期(進出時ですと少なくとも3年)に腰を据えて駐在してもらうという意味では非常に恵まれた環境です

デメリット

・他のASEAN諸国よりは成長の幅は小さい

・競合も多数進出している

・英語が通じない場合もあるためタイ語の習得が必要

最初の国として進出することを強くお勧めします。人材が移動しやすく、定着しやすいからです。他の国については生活面の観点からハードルが高いです。また進出も前の記事の進出数で述べましたが、まだまだ余地はあり、加速しています。

そもそも最初の国でハードシップが高い国、例をあげるとアフリカですね。そのような国は事業インフラ・人材維持の観点から進出不可能だと個人的には考えます。

たまにタイより成長性ある国ありますよね?といわれますが、そりゃあ、ありますよ。ASEANだって、アフリカなんてもっとです。成長性だけ、ビジネスチャンスだけで言うなら、何も考えずより未開の地にいけばいいのです。

ですので、私はハードルをあげすぎて結局海外進出しないないというよりは、とりあえず実行するということが大事だと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。